熊野筆メイクブラシのお手入れクリーナー

筆をお手入れしているのに「肌荒れ」が治らない方へ

2つの原因が考えられます。

1:洗っているつもりで筆の根元のカビや汚れが落ちていない


拡大してカビを見る

2:バシバシになった筆を使っているので化粧ムラができ必要以上に厚化粧になってしまっている

カビ

シャンプーやクレンジングで筆を洗うのをやめて、ぜひ一度熊野筆リセッターを一度お試しください。忘れていたふわふわ感がよみがえります。

メイクブラシ クリーナー 選び方顔ダニが原因でニキビになる!

メイクブラシは洗い方が大切、専用のメイクブラシクリーナーを使わないと化粧ノリがどんどん悪くなります!

カビ

シャンプーやクレンジング 他社の熊野筆クリーナー 当社の熊野筆リセッター
洗浄力は?
×
筆の寿命は?
×著しく縮める △縮める ◎伸ばす
洗い上がりは?
△バシバシ △バシバシ ◎ふわふわ
艶肌メイクは?
△厚化粧になりムラができる △化粧ノリが悪い ◎毛穴カバー力が増し、素肌っぽい仕上がり
肌荒れは?
×汚れが落ちてないのでニキビの原因になる △根本の汚れやカビがまだ残っている ◎イオンの力で汚れがジュワっと浮き出し清潔

 

メイクブラシは洗い方が大切、専用のメイクブラシクリーナーを使わないと化粧ノリがどんどん悪くなります!

当社の熊野筆リセッターは、防腐剤、殺菌剤、石油系界面活性剤、香料、鉱物油、紫外線吸収剤、シンナー、パラペン、着色料は使用しておりません。

天然由来成分で環境に優しく、手肌も荒れない人体無害です。また使用後の排水は自然に分解します。

他社のクリーナーとの違い

他メーカーの熊野筆クリーナーとの3つの違いをまとめています。

違い1:洗浄後のふわふわ感が違う

ふわふわの洗いあがりのメイクブラシバシバシになったら厚化粧の始まり!

熊野筆リセッターは、毛の表面についた汚れを分子の力で浮かせて剥がしとるので毛は傷めません。まるで新品のようにふわっふわっに蘇ります。 検証結果を見る

違い2:汚れやカビまで根こそぎ剥がし落とす

熊野筆やメイクブラシのカビ根元のカビがニキビの原因に!

化粧筆のお手入れを怠ると、カビが繁殖してにきびや肌荒れの原因に!あなたの肌荒れ、実は食生活ではなくメイクブラシが原因かも!?検証結果を見る

メイクブラシ クリーナー 選び方乾かして比較しました。

違い3:手でゴシゴシこすらなくて良い

ふわふわの筆業界初のイオン洗浄だからふわっふわっによみがえる!

指で毛を揉みこみ、さらにゴシゴシこすったりしないと汚れが落ちない!そんな悩みはありません?浸け置くだけで汚れが浮いてくる魔法の液です。検証結果を見る

拡大して見る>>

熊野筆リセッターを使ったメイクブラシの洗い方

このように汚れて硬くなったメイクブラシが驚くほど簡単にキレイになりまるメイクブラシ専用のクリーナーです。

STEP1熊野筆リセッターを専用カップに注ぎます。洗うブラシによって分量が決まっています。※1本で約50回洗浄できます。

STEP2水で筆を湿らせた後、洗浄液の中でやさしくなじませます。 汚れがひどい場合はつけおきしてください。

STEP3水やぬるま湯で注ぎます。

STEP4ティッシュやタオルで水気を取り除き、日陰で自然乾燥させて下さい。ドライヤーは毛先が傷むので使用しないで下さい。

まるで購入した頃のように、ふわっふわっになります

洗浄液に筆を付けてなじませるだけで、驚くほど簡単に汚れが浮いて剥がれていきます。特にシャンプーやクレンジングでも落ちにくいリキッドで威力を発揮します。業界初のイオン洗浄の力を、あなたの大切な一本にお試しください。

ほっぺ

熊野筆リセッターの愛用者さま急増中!

ご注文はコチラ

専用カップ付き熊野筆リセッター
定価2,980円(税込み3,218円

500ml(約50回洗浄分

 

数量

商品詳細

クリーナーではありません!

一般に普及しているメイクブラシクリーナーではありません。メイクブラシを買ったころのようにふわふわによみがえらせる液状リセッターです。

汚れと毛の間に素早く入り込み天然成分の高分子の力ではがし取る魔法の液です。少泡・無臭タイプで、殆ど泡が立たちません。手荒れの心配がなく、排水が二次汚染源にもなりません。

容量と成分

容量500ml。専用カップを使えば約50回分洗浄できます。

<成分>天然由来高分子多糖体(補酵素)、ポリエチレングリコール、グリセリン、 ヤシ油(ココナツ)脂肪酸アルカノ-ルアミド、オレイルエ-テル、アルキル ベタイン、メチルフェニルポリシロキサン、電解アルカリイオン水

 

Copyright(c) 2014-2016 メイクブラシの洗い方 All Rights Reserved.