熊野筆メイクブラシのお手入れクリーナー
>

熊野筆メイクブラシのお手入れ方法

あなたの大切な熊野筆メイクブラシ(化粧筆)をお手入れする方法をまとめました。

洗うタイミングは?

メイクブラシ クリーナー 選び方 チクチクしてきたら洗うサイン!

メイクブラシ クリーナー 選び方 汚れた化粧筆は雑菌の宝庫、にきびや肌荒れの原因になります!

チクチクお肌にあてたときにチクッとしてきたら洗浄が必要です。毛先が化粧で束になっており、 酸化た雑菌がもとで、肌のトラブルの原因にもなります。 なかなか治らない肌荒れやニキビにお悩みの方は、化粧筆が汚れていないかチェックしてみてください。

メイクブラシ クリーナー 選び方顔ダニが原因でニキビになる!

日々のお手入れは?

ティッシュでブラシを軽くふき取っておく画像

リップブラシは、ティッシュでブラシを軽くふき取っておく。 チークブラシ、フィニッシュブラシは、手のひらで筆の表面をやや強めにはたき、粉を落とします。

メイクブラシ クリーナー 選び方

落ちきらないときは、テーブルに敷いたティッシュの上で筆の表面だけを滑らせるように優しくふき取ります。 強く擦りつけると毛が傷み、毛切れの原因になりますのでご注意ください。

メイクブラシ クリーナー 選び方

何回かクシでとくとベストです。 チークブラシ、フィニッシュブラシの毛は、毛先が細く雑菌が入りやすいので、まめなお手入れを心がけてください。 また、いったん使った筆を長期間放っておくと、毛が朽ちて切れることもあります。 長持ちさせる一番の秘訣は毎日使うことなのです。

何を使って洗う?

クレンジング(中性洗剤)・・・×

メイクブラシ クリーナー 選び方汚れの落ちるスピードは速いです。ただし、微粒子の研磨剤を使用しているものが多く、毛を痛めることになります。 毛がパサパサになりやすいので、クレンジングを入れすぎないように注意! 詳しくはこちら

台所の中性洗剤、溶剤系ブラシクリーナー・・・×

メイクブラシ クリーナー 選び方洗浄力は強いのですが、脱脂力も強く、ブラシの寿命を著しく縮めます。 要は硬くバサバサになります。

 

シャンプー・・・△

メイクブラシ クリーナー 選び方手間がかかるわりには、洗い終わった後にツヤがあまりでない。 柔軟剤やリンスをつかうと 多少ツヤがでますが、筆からの粉ばなれが悪くなり、お顔に粉がつきにくくなります。獣毛、化学繊維にかかわらず毛が傷み、毛切れしやすくなります。詳しくはこちら

石鹸・・・△

メイクブラシ クリーナー 選び方ある程度、きれいに落ちます。ただし、シャンプーと同じで、やはり洗い終わったあとツヤがでません。

 

熊野筆クリーナー・・・◎

メイクブラシ クリーナー 選び方界面活性剤を使わず分子の力で汚れをじゅわっと浮き出す専用クリーナーがベストです。大事なのは汚れを落とすことだけでなく、筆をふわっふわっにしてよみがえらせることです。

 

忘れがちNGなこと

  1. 他人のブラシを使う→人の剥がれた皮膚&雑菌をもらって肌荒れの原因となります。
  2. 熱湯で消毒する→ブラシの寿命が一気に縮まります。絶対にやめましょう。メイクブラシ クリーナー 選び方
  3. 交換のタイミング→洗浄したのに肌にあてた時チクチクしたら交換サインです。また粉の含みやタッチが悪くなってきても同様の交換のサインです。3~5年が目途です。メイクブラシ クリーナー 選び方

メイクブラシ洗浄のお役立ちコラム

 

Copyright(c) 2014-2016 メイクブラシの洗い方 All Rights Reserved.